【暴落に備える】今更聞けない!ビットコインの基本的な注文方法

「成行注文」と「指値注文」


ビットコインの売買注文をするときには、まず初めに注文方法を選択しなければなりません。
1つ目の基本的な注文方法は「成行注文」です。この注文方法は、売買する価格を指定せずに、その時点で取引所が提示する価格で売買する方法です。価格を指定しないので確実に注文が約定します。(※約定とは、株式取引などの売買が成立することをいいます。)
もう一つの注文方法は「指値注文」です。この注文方法は文字通り、売買する価格を指定して注文する方法です。買うときは「現在値より高い価格」、売るときは「現在値より安い価格」、つまり現在より有利なレートを指定します。
自分で売買する価格を決められるのはメリットですが、指定したレートにならなければ取引は実行されないので、すぐ約定させたい場合は向かない注文方法です。


わざわざ不利なレートを指定する「逆指値注文」


「逆指値注文」は文字通り、指値注文とは〝逆〟に、現在より不利なレートを指定する注文方法です。
指値注文のように、「安く買う」「高く売る」レートではなく、その逆になる「高く買う」「安く売る」レートを指定します。
では、何故わざわざ不利な条件で注文をするのでしょうか。
その主な理由は「損切り(ロスカット)」です。
実際にトレードを始めると実感できると思いますが、ビットコインを保有すると損失を確定させる注文を出すのが難しい現実に直面します。多くのトレーダーは「もしかしたら上がるかも」という根拠のない期待感から、損失確定を先延ばしにして結果的に損失を拡大させてしまうのです。
そこで、これ以上損をしたくないというレートにあらかじめ逆指値注文を入れて自動的に損切りを行うようにします。
いつも利益が出るとは限りません。損失が発生した時に、いかに「損切り」できるかが儲ける鍵になります。「逆指値注文」を使って、上手に損失の拡大を防ぎましょう。


「シングル注文」と「ストリーミング注文」


ビットポイントでは、「シングル注文」「ストリーミング注文」という注文方法があります。この2つの注文方法は、これまでに説明した注文方法とは異なり、注文画面に違いがあります。
「ストリーミング注文」は、価格が表示されているパネルから、任意のタイミングで売買できる注文方法です。売買する注文方法を決めて、画面上に表示されている2WAYプライスをクリックするだけなので、迅速に注文できるのがメリットです。


一方「シングル注文」は、数量を自分で入力し、指値の場合は希望する価格を自分で入力して注文する最も一般的な注文方法です。
また、各注文時に「注文確認画面の表示を省略する」にチェックを入れると、発注時に注文確認画面が表示されなくなり、ワンクリックで注文を出せるようになります。素早く注文を出せますが、ビットコイン売買に慣れるまでは、注文確認画面を見て、発注数量、発注価格に間違いがないことを確認してから注文したほうが誤注文を少なく出来ます。


以上、ビットコインの基本的な注文方法を5つご紹介させていただきました。


また、このブログではビットコインをはじめとした仮想通貨の暴落予想記事も更新しています。
必ず来る暴落の時期に備えて、できる限りの準備をしていきましょう。


本日も応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply