【暴落に向けて】仮想通貨って何?~比較で分かる仮想通貨の仕組み~ 入門編①


はじめに




現在、新しい投資対象として注目されている仮想通貨。
ご興味のある方も多いのではないでしょうか。


しかし、検索をかけると上位に挙がる
≪仮想通貨ランキング≫などの情報を得るよりも前に、まずは

・なんとなく聞いたことはあるけど、仮想通貨ってそもそも何なの?
・仕組みがよくわからない
・リスクはどれくらい大きいの?
・買い方がわからない
・別の投資と比較して何が良いの?

といった疑問を解決したい方も多いはずです。


そこで、本サイトではまず 「仮想通貨とは何なのか?」 という部分を説明した上で、仮想通貨の仕組みや、投資としてのメリット・デメリット、加えて仮想通貨の銘柄(種類)や購入方法などを初心者の方にも分かるように、簡単にご案内させて頂きます。




仮想通貨って何?


びtこいn


それではまず初めに、今回の記事では「仮想通貨とは何なのか?」ということをご説明させて頂きます。


仮想通貨とは、インターネット上に存在する 電子的な通貨 です。
通常のお金のように、物体としての形が存在しないため、「仮想通貨」や「デジタル通貨」とも呼ばれます。

「デジタル通貨」と言ってしまうと、日本で普及している楽天Edyやsuica、nanacoといった
「電子マネー」と同じ物だと連想するかと思いますが、 電子マネーとは明確に違う 性質を持っています。


具体的な違いとしては、
・法定通貨と換金性がある。
・暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる
・特定の国家や銀行に依存しない
   といったことなどが挙げられます。

※昨今、無数の仮想通貨が出ている中では、上記に当てはまらないものもあります。



法定通貨と換金性がある
fff8730e956eec4496aef34055e5f937-molecule.png

これまでインターネットでやりとりされてきた「電子マネー」などは、円やドルなどの法定通貨から、電子マネーに変えることはできましたが、電子マネーを法定通貨に変えることはできませんでした。

しかし、仮想通貨と呼ばれているものは、インターネット上に「取引所」が存在し、法定通貨とのやり取りが可能で、「仮想通貨⇒ドル、円などの法定通貨への換金」が可能です。

現状では、ビットコインやイーサリアムといった代表的な仮想通貨は、ドル/円の為替取引と同じように、取引所にてドルや円とのやり取りが行われています。

このように、為替取引である「FX」と同じような感じで売買を行うことができるため、仮想通貨は「新たな投資対象」として注目されているのです。



暗号化と分散化技術で、通貨の改ざんなどの不正や消失を防いでいる
浮気 防ぐ-728x632

仮想通貨が画期的だったのは、ネット上で通貨として存在するための「システム」の部分です。

仮想通貨の発端となった「ビットコイン」では、
・ブロックチェーン技術
・P2P分散化技術
・プルーフオブワークシステム

といった新たな技術によって、通貨としての安全性が保たれています。

また、現在では、上記の「ブロックチェーン」という技術が、お金に関する様々な新技術が生まれる可能性を秘めているということで注目されています。



特定の国家や銀行に依存しない
kasou003.png

通常の通貨である円やドルなどは、国や銀行が発行して、国がその通貨の価値を保証してくれています。
つまり、円を日本で使用できるのは、日本国や日本の銀行が換金できることを保証してくれているからというわけです。

しかし、仮想通貨は特定の国家や銀行に依存せずに存在することが可能なのです。

仮想通貨は上記であげたシステムを作り上げている技術への信頼性でお金としての価値が存在しているため、価値を保証してくれるところがなくてもお金として成り立ちます。

国家や銀行に依存しないという特徴があるので、極端に言ってしまうと
誰でも換金性がある通貨をつくりだせる
ということになります。

従って今、こぞっていろんな企業や団体が独自の仮想通貨というものを作成する時代となっています。(そのため、詐欺のような通貨も出回りやすいのですが...)


このブログではビットコインをはじめとした仮想通貨の暴落予想記事を更新していきます。
必ず来る暴落の時期に備えて、できる限りの準備をしていきましょう。
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply