【暴落間近か】暗号通貨のシステムってどうなっているの?~ブロックチェーン~

▽ブロックチェーンとは? 


「分散型台帳技術」、または「分散型ネットワーク」と呼ばれる、ビットコインをはじめとするさまざまな仮想/暗号通貨の根幹を成す技術のことです。


このままだと少しわかりづらいですね。

一言でいえば、ブロックチェーンとは「ビットコインの取引記録」です。
例えばAさんがBさんにビットコイン3枚を使用して支払いをしたとします。
そうするとブロックチェーン上に、AさんとBさんのビットコインアドレスを用いて3枚のビットコインのやりとりがあったということが表示されます。


マイニング(後述)によって発掘されたビットコインはブロックチェーンに登録され、その後取引などを通じ所有者が変わるたびに記録されます。


この膨大なビットコインの取引データは誰でも簡単に見ることができ、
それがビットコインの根幹を支えるブロックチェーン技術の安全性を担保しているというわけです。

もう少し詳しく触れてみましょう。



▽ブロックチェーン技術の何が革新的?


ブロックチェーン技術の革新性とは、別名の「分散型ネットワーク」という言葉が示す通り、中央組織と呼ばれるものが存在しないことにあります。
例えば我々が普段使用する銀行は、あらゆるデータを巨大な一つのコンピュータシステムで一元的に管理しています。
こうしたシステムでは、メインのシステムに傷が入るとすべてのデータが全く使えなくなる大規模な障害が起こり得てしまいます。

一方ブロックチェーンシステムでは特定のサーバー上ではなく、ネットワーク上の不特定多数のコンピュータ上にデータが保存・共有され、すべての利用者が閲覧できるようになっています。
誰かが不正を行ったとしても、同時にブロックチェーンシステムを見ている人がすぐに発見することができます。


つまり、大勢の利用者がシステムを構成していることで、
①ネットワーク上でお互いにお互いを監視しあう環境が用意され、データの不正改ざんがされにくく、
②データを分散して保存するために大規模なサーバーダウンが起こりにくいのです。




▽システムはどうやって運用されているのか?


ブロックチェーンとは「暗号通貨の取引の履歴」と言い換えることもできますが、
その名前の由来は、世界中の取引データを10分ごとに「ブロック」と呼ばれる塊にし、それらを編集・削除等の手を加えることなく鎖(チェーン)状に連続的に記録するというデータの保管方法にあります。

このブロックをチェーン上につなげる作業によりビットコインが発行され、をれを「マイニング(採掘)」といい、それを行う人は「マイナー(採掘者)」と呼ばれます。

つまりマイナーたちは報酬(Bitcoin)を目的として10分毎に取引データをブロックにまとめ、
既存のチェーンにつなげる作業を請け負います。

しかしブロック同士の連結には高度な計算を行える技術設備が必要な上に、計算を完了した最初の一人にのみ報酬のビットコインが支払われるため、世界中のトップレベルの技術者のマイナー達は競い合って計算をしています。


これにより、システムは常に高いレベルに保たれています。


「常に」ということはつまり銀行のように開店時間を気にせずに、素早く決済ができることを意味します。


先ほどの安全性というメリットに加え、世界中の技術者達がシステムを運営していることから
①銀行や政府を通す必要がないことに起因する手数料の安さ
②金融機関の開店時間等を気にすることなく、また世界中どこであっても
素早い決済ができる

といったようなメリットも挙げられ、日本でも多くの企業が注目しています。
Bitcoin参入企業の中には、楽天やNTT、リクルートといった大企業の名前も見られています。


今回はブロックチェーンの仕組みと主なメリットについて紹介しました。
次の記事では、デメリットや今後どういう風に利用されていくか、そして気になるビットコインの暴落予想について書きたいと思います!




このブログを書いているメンバーでTwitterも運営しています!
ビットコインの相場やニュース、またこのブログが更新された際にツイートしていますので、フォローしてみてくださいね♪(/・ω・)/ ♪@bitcoinnews888




ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply