【暴落に備える基礎知識】アルトコイン解説① ~イーサリアム、イーサリアムクラシック~



前回の記事で予告した、アルトコインについて。

今回は第一弾として 【イーサリアム、イーサリアムクラシック】 を見ていきましょう。



▽イーサリアム、イーサリアムクラシックとは?




イーサリアムとは、数ある仮想通貨のうちの1つ。

そして、イーサリアムクラシックとは、もともと存在していたイーサリアムの技術者たちが新しいプロジェクトとして作ったものです。

といことで今日は、

一体なぜイーサリアムクラシックが生み出されたのか、
今後どのようになっていくことが予想されているのか、

などを分かりやすく説明していきたいと思います。



▽そもそもイーサリアムってどんな通貨?



イーサリアムは、数え切れないほど存在する仮想通貨の中でも、今かなり注目を浴びている仮想通貨です。

一体どれだけすごいのか?

2017年6月の時点で、
仮想通貨全体の時価総額は約10兆円。
このうちビットコインは、4兆4000億円。
そしてイーサリアムは、2兆3500億円。

イーサリアムはビットコインに次いで時価総額第二位の座までマーケットを広げています。
そして、この二種類でなんと全体の約7割をしめているのです。

また、イーサリアムはとても若く、2015年7月に正式リリースされたばかり。
しかし
2016年12月 1ETH=738円
2017年5月 1ETH=29,126円

なんとこの半年間で約40倍値上がりをしました。

また、イーサリアムにはスマートコントラクトという機能を持っているという特徴があり、
場合によってはビットコインよりも機能性に優れているともいえます。
(スマートコントラクトとは、より契約をスマートに、かつ安全に行うために、契約の記録をブロックチェーンに機械的に記録をする仕組みのことです。)

このようにイーサリアムは、近い将来ビットコインよりも主流になるのではないかいう予想も出ているほど、
今大注目の仮想通貨なのです。



▽イーサリアムクラシックは何故生み出された?



そんな最高に良く見える仮想通貨ですが

実は2016年6月、イーサリアムは何者かによってハッキングされています。
その時の被害総額はなんと約52億円。

かなりの額ですよね。

この事件後、イーサリアムの技術者たちは2つに分かれます。
ハッキングへの対処法や、安全性に関する意見の食い違いが生まれてしまったようです。

そして、もともとのイーサリアムに対して不満を持った一部の技術者達が新しくイーサリアムクラシックを作りました
技術者の人数等を見ると、規模はイーサリアムよりも小さいですが、イーサリアムよりもさらに安全性の高い仮想通貨を目指しています。



▽イーサリアムとイーサリアムクラシック、どちらに投資するべき?



イーサリアム(ETH)価格推移

イーサリアム 価格推移


イーサリアムクラシック(ETC)価格推移

イーサリアムクラシック 価格推移



現状では、まだイーサリアムの方が高い地価をキープしています。

しかし、いくら違う通貨とはいえ、非常ににた特徴を持つ2つの通貨。
図を見てもらえば分かる通り、やはり似たような動きをするようです。


今の時点では、イーサリアムの方が安定しているとして、イーサリアムへの投資の方が人気があるようです。

しかし、イーサリアムクラシックがこれから高騰すると予測するならば、安いうちに沢山イーサリアムクラシックを買っておくというのも、1つの選択肢なのかもしれません。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply