ウォレットについて【暴落に備える】


久しぶりの更新になってしまいました・・・ビットコイン研究所です。
実は、youtube動画でビットコインの値動きを解説する動画サービスを当事務所でスタートしました!

よろしければリンクを貼っておくので、御覧ください♪(/・ω・)/ ♪ 【今日のビットコイン解説動画を見る





▽Where do you save your money?


8月1日(日本時間では2日)のビットコイン分裂騒動も実際に起こってしまったものの、30万円代で安定しているようです。
(一時40万円近くまで上がりましたね!)


2日から国内ではビットフライヤーにて、新しい暗号通貨:BitcoinCashの取り扱いも始まり、取引所もビットコインの取引を再開し、順調な滑り出しのようにも見えます。


とはいえ、先述のBitcoinCashには、取引に時間がかかりすぎるという致命的な問題があり、Bitcoinと同様に流通できるかはまだ予測がつかないというところでしょうか。



ビットコイン自体は一時取引停止にまでなりましたが、価格もサービスも問題なく動いているようですね!

しかし、この「取引停止」はかなりのネックです。

以前にも何度か、暴落や急騰などの急な動きがあった場合に「サーバーダウン」が起こったことがあります。


実態は不明ですが、実質「取引停止」となり、利益を得るどころか暴落による大きな損害を受けてしまう可能性もなきにしもあらず・・・
取引所が「絶対安全」であるとは言い切れないのではないでしょうか。


では、どこにビットコインを保管すべきでしょうか?
今回は、【こちらの記事】の最後に提案したウォレットについて、種類・メリットデメリットなどを紹介していきたいと思います!




▽ウォレットって何?


ウォレットとは、その名の通りビットコインを保管する「お財布」です。
分裂騒動はなんとか乗り切ったとはいえ、取引所は急遽暗号通貨の取引を停止した事例もありますし、
取引所の口座に置いておくのはあまりいいアイディアとは言えませんよね。


ビットコインの保管にウォレットを使用する=ビットコインを自分で管理する、ということです。安全性を考えるとこちらの方がいいかもしれません。



さて、一口にウォレットと言っても種類がいくつか存在します。

①デスクトップウォレット
②ハードウェアウォレット
③ウェブウォレット
④モバイルウォレット
⑤ペーパーウォレット


などが挙げられるでしょうか。


この中でインターネットを使用するもののことをホットウォレット、オフラインのウォレットをコールドウォレットと言います。

では初心者の方にもわかるように、それぞれの紹介に入りたいと思います。



▽①デスクトップウォレット


デスクトップウォレットとはPC上に保管するやり方を指します。
別名ソフトウェアウォレットといい、コンピュータ上にソフトをダウンロードし、ローカル上で管理ができます。


メリット:
・オフラインのPCで管理していればセキュリティ面で安心
・オンライン状態であればすぐに利用できて便利


デメリット:
・ソフトをインストールしてあるPCでのみしか使えない
・オンライン状態でのハッキング・ウイルス感染による盗みの危険性
・ダウンロードにとても時間がかかるソフトも・・・
・PCが壊れた際にビットコインも同時に失われてしまう可能性があります。


どんなものがあるの?
・公式ソフト=【https://bitcoin.org/ja/download
こちらのソフトはブロックチェーンをすべてダウンロードするため、起動するたびに利用まで時間がかかります。

・Electrum 【https://electrum.org/#home
日本語対応です! 比較的軽量で、インストール後もすぐ利用できます。
なんとオフラインで取引を行える「コールドストレージ」も可能(PCが2台必要)で、豊富なウォレット機能を誇ります。
初心者からベテランにまで人気です!



こんな方におすすめ:
・PCの知識が豊富でバックアップやセキュリティ対策はばっちり!という人
・PCを何台か所持していて、オフライン専用のものがある人
・ビットコインを頻繁に利用したい人





▽②ハードウェアウォレット


ビットコイン管理専用の機械USBで保管する方法です。
基本的にオフライン状況での管理となります。


メリット:
・オフラインで管理する+パスワードもつけられるため非常に安全性が高い
・PCに接続して使える手軽さがある


デメリット:
・専用端末は高額&日本では入荷が不安定で海外製品を取り寄せなければいけない
・機械が故障してしまう可能性
・保管したハードウェアを失くしてしまうリスク(USBは小さいので不安がありますね・・)




どんなものがあるの?
・Trezor https://shop.trezor.io/?a=e021cae1e0b5
こちらは日本語対応です
日本製の専用端末はまだ無いですかね・・?(もしあったらぜひ教えてください!ヽ( ´_`)丿)


こんな方におすすめ:
長期的に保有を考えている人
安全性を重視しながら頻繁にビットコインを取り出したい人



たくさんの種類を説明したいので2記事にわけようと思います。
今回はデスクトップウォレット、ハードウェアウォレットのご紹介でした!



急騰・暴落のタイミングを逃さないために、自分に合ったウォレットを再度検討してみてくださいね。


Twitterも宜しくお願いします♪【@bitcoinnews888






ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply