【暴落くるか?】NEMコインとは?

nemlogo
NEM(ネム)コイン


最近、仮想通貨界ブームは更に熱を増してきましたが、その中でも注目を浴びているのがNEMコインです。

NEMコインの正式名称は「New Economy Movement」であり、平等な分散型プラットフォームによる新たな経済圏を作り出すことを目的として、2015年3月31日に公開されました。

通貨単位はXEM(ゼム)であり、総発行量は8,999,999,999XEMです。

ビットコインのように発掘作業(マイニング)がなく、定期的に発行量が増えるということはありません。
その代わりに収穫(ハーベスティング)という形で報酬分配しています。
ビットコインのマイニングに関してはこちらをご覧ください。





Proof-of-Importance(POI)とは?

Proof-of-Importance(POI)」はネムコインの重要な要素であり、NEMネットワークを積極的に使っている人であればだれでも平等に報酬が得られるというアルゴリズムです。

ビットコインのアルゴリズムは「Proof-of-Work(PoW)」、仕事(マイニング)をしてくれた人に証明(報酬)が与えられるというものでした。
しかし、ビットコインのマイニングにはそれに特化したコンピュータが必要であり、資金が多い人が有利となるものでした。


最近のNEMコインの価格高騰はこのPOI富の再分配・平等機会への期待が背景にあるといえるでしょう。




価格推移


2015年3月に公開されたNEMコインですが、2017年に入るまでは0.3円台をキープしていました。
2017年1月に少しずつ上がりはじめ、今年のGW前には1XEMが8円、そのわずか2週間後には33円まで急騰しました。
nemuchart
(2017/8/24 Coincheckチャートより) 

その後7月中旬にビットコインの暴落につられ1度10円まで下がりましたが、2017/8/24現在28円台まで回復しています。

今後も暴落と高騰を繰り返しながらゆるやかに上昇していくのではないかと予想されます。


提携企業


NEMコインは日本にあるテックビューロ社が開発したプライベートブロックチェーン「mijin」のもとになっていることでも注目を浴びています。


また、新興株として注目を得ている

インフォテリア(3853)
フィスコ(3807)
カイカ(2315)
さくらインターネット(3778)


も提携しており、NEMコインの価格推移は上記各社の株価にも影響してくる可能性も大いにあります。




今後のNEMコインの活躍に期待したいですね!(^^)!

Twitterでは仮想通貨に関する情報を随時更新しているのでよかったらフォローしてください♪
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply