中国、ICO禁止?取引所閉鎖?【ビットコイン暴落原因】

今回のビットコイン価格下落は中国のICO禁止が原因か?


7月中旬のビットコイン大暴落の原因はビットコイン分裂の懸念によるものでした。
一度21万円まで下がりましたね。

当時は”ビットコインはついに終わった”と感じた人も多かったのではないでしょうか?

その後8月1日にビットコインキャッシュが誕生し、悪い影響がないと判明してからのビットコイン価格の暴騰はすさまじいものでした。


一気に2倍以上に跳ね上がり、55万円にも到達しました。(Coincheckチャートより)



どこまで伸びるのか…!と思った9月4日に暴落。
45万円まで一気に下がりました。

原因は中国の中央銀行によるICO禁止の発表です。
ICOとはイニシャル・コイン・オファリングの略で会社が独自のコインによって資金調達をする方法のことです。
実際成功しているICOもありますが、9割以上は詐欺だといわれています。



これが原因でICO禁止の発表をしたのですね。


中国はビットコインの取引量が最大ということで知られています。
またマイニングの多くも中国で行われています。

中国人の多くはその後ビットコインやアルトコインも禁止されるのではないかと懸念し、仮想通貨に投資していたものを人民元に戻しました。

取引量が減るので、ビットコイン価格が暴落するのも当然ですよね。



ICO規制だけで終わった、と安心し、買戻しが始まったところで、今度は9月8日に中国の仮想通過取引所閉鎖の報道がありました。

すべての仮想通貨取引所が閉鎖されるわけではないようですが、先週の金曜日に発表されたばかりで、まだ不安が払拭されていないのかビットコイン価格は低迷中です。

チャートで確認すると、4日と8日に暴落していることが分かります。ビットコインチャート



今後の推移はどうなるのか


個人的な意見ではありますが、またすぐに落ち着いて高値を更新するのではないかと考えています。

オランダのチューリップ・バブルのようにいつかは仮想通貨市場にも終わりがくるのではないかと思っていますが、まだまだブームは続くのではないでしょうか。


明日はリップル社によるSWELLの内容発表も予定されていますし、アルトコインも暴騰、暴落を繰り返しつつも高値を更新していきそうです。




今回のビットコイン暴落の原因についてでした♪



私たちはビットコインに関する情報をTwitterで随時アップしています。

よければフォローお願いします♪(@bitcoinnews888)
ブログでこういう記事をかいてほしい、こういう内容が知りたい!などリクエストがありましたらTwitterでメッセージまたはリプをお願いします!

また、弊社サービスのうちのひとつ、先物OPトライアルについての詳細ページを作りました!

先物取引とは?
本当に安全なの?
オプション取引のメリットは?
初心者でもできる?

など様々な疑問を解決できるようなページに仕上がったのでご覧ください(^v^)

コチラよりご確認いただけます。→東京総合研究所 先物OPトライアル


本日も応援よろしくお願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply