【仮想通貨】ビットコインがまた分裂!?【入門】

ビットコインゴールドとは?


10月25日に新たなビットコインが生まれるといわれています。

それが ビットコインゴールド です。


実際は、「ビットコイン」というよりは「ビットコインから派生したアルトコイン(仮想通貨)」といった位置づけになるようですが、
ビットコインが分裂するかもしれないとして今大きな注目が集まっています。

そして10月25日にビットコインを所有していた人には、ビットコインゴールドが配布されると
いうことで、ビットコインの価格高騰にもつながっているといえます。


では、ビットコインとビットコインゴールドには実際にどのような違いがあるのか。

初心者には難しい話ですが、簡単に説明していきたいと思います。

ビットコインとビットコインゴールドの違い


ビットコインとビットコインゴールドはマイニングの環境が大きく変わると予想されています。

ビットコインの発掘には、ASICと呼ばれるビットコイン専用のツールが使われていて、高価な機械
や難しい技術を用いないとマイニングに挑戦することができません。そのため、ほんの一部の人しか
マイニングに挑戦できないといった状況でした。しかしビットコインゴールドはそのような状況を打破するために、
GPUというツールが導入されており、より一般的な機械で、より多くの参加者がマイニングに参加できるように
開発されています。

今まで、仮想通貨のマイニングなんて自分とは無縁、、、、
と考えていたビットコイン初心者の方でももしかしたら挑戦しやすくなるかもしれません。

ビットコインのもともとの考案者サトシナカモトが提唱した仮想通貨のマイニングは、「1CPU=1票」という1つの汎用性コンピューター(皆が持てるコンピューター)で参加できるシステムでした。

ビットコインの仕組みは一度はこのコンセプトから大きく離れてしまいましたが、
また少しずつ最初のコンセプトに近くなっているようですね。

実際にどれほど簡単になるのか、などは実際にビットコインゴールドが世間に流通されるまでは分かりませんが、
ビットコインゴールドには大きな期待がされているといえるでしょう。


そして、ビットコインを所有しているだけで、このように期待されているビットコインゴールドが配布されるということは、
現在のビットコインの価格高騰に影響しているといえます。


もちろん、仮想通貨はそのもの自体に価値がないので、ビットコインゴールドがこれからどのような
価値を生み出していくのかは全く分かりませんが、少しビットコインについてこのタイミングで
考えてみるのも面白いかも知れません。

ビットコインは今回のビットコインゴールドのように今後も多様化し、より複雑になっていくといえるでしょう。

そのため、資産運用をするにあたっては、以前から方法や理論が確立されてきた株、先物取引の方が安定した運用ができると言えます。

東京総合研究所では独自の投資理論であるモンタナシステムを利用しながら、25年にわたる経験を用いることでほぼ確実にペイする取引をお手伝いさせていただきます。

現在、弊社は資産運用にご関心を持ったお客様にむけて、期間限定の無料3日間トライアルキャンペーンを行っています。

弊社が普段行っているものと全く同じサービスを無料で体験できるチャンスですので、この機会にぜひご活用ください!

3日間無料トライアルはこちら

また、東京総合研究所では毎日、東京市場が始まる前に重要なテクニカルポイントを約3分間の動画を配信しています。

ニュースではなく、毎日の解析・戦略を知りたい方にオススメです。

★詳しくはのこちら動画をご覧ください。★



こちらのtwitterでもビットコインに関する有意義な情報を発信しています。
ぜひフォロー宜しくお願いします。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply