取引が高世界1位の取引所【バイナンス】メリット・デメリット
バイナンスとは?

バイナンス(Binance)とは中国の仮想通貨取引所で、設立後わずか5ヶ月ほどで取引高が世界一位に輝いた、現在最も注目されている取引所です。中国にあるOKCoinという大手取引所の幹部が独立して始めた取引所なので、仮想通貨取引所の運営ノウハウが十分にあります。

中国といえば仮想通貨の規制問題が記憶に新しいですが、バイナンスは中国ユーザーからのアクセスをブロックし世界に目を向けて展開した結果、世界中からユーザーが集まっているのです。

20170830115314.png

では、何故これだけのスピードで事業を拡大することができたのでしょうか。以下にバイナンスのメリットをまとめてみました。


バイナンスの魅力

①取り扱い通貨数が圧倒的に多い

バイナンスは取り扱い通貨が毎週のように増加しており、1月現在では100種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

日本での人気の通貨はもちろん、最近注目が集まっている通貨や、時価総額が高い通貨もどんどん上場させています。聞いたことがない通貨もあるのでお宝が眠っているかもしれません。

先日もWAVES(ウェーブス)を上場させて話題を呼んでいました。

Twitterアカウントでは新しいアルトコインが追加される度に以下のようにアナウンスしています。



こうしてアルトコインを多く扱うことでトレードが活発になり、ユーザー増加につながっているのです。


②Webサイトのクオリティーが高い

20170830142151.png

BinanceはWebサイトが非常に軽快です。画面の切換えなどサクサク進むのでストレスがありません。

普通のことだと思うかもしれませんが、意外とここまでサクサク動く取引所はありません。

恐らく多くの取引所はサービス開始当初にここまで仮想通貨ユーザーが増えることを想定していなかったのでしょう。そのためWebサイトのレスポンスが悪いところが多いのです。

それに対してバイナンスは半年前にできた新しい取引所なのでサービス設計時点から多くのユーザーのアクセスに耐えられることを意識していると思います。

この速さを保ちつつ拡大していってほしいですね。


③ハードフォークコインを全てサポートする宣言

バイナンスではビットコインのハードフォークコインを全てサポートすると公式が明言しました。

cce0e3415c387985ce4614202a7fe67f.png


ハードフォークコインの良し悪しはさておき、ビットコインを持っているだけで新しい通貨を貰えるのであれば、バイナンスに預けるユーザーも多いと思います。


④人気投票システムがある

Binance独特のシステムですが「コミュニティコイン」といって人気投票を実施し上位のコインを上場させるという取り組みがあります。



このシステムはマイナーアルトコインを保有しているユーザーにより大変盛り上がります。


⑤世界各国の言語に対応

20171122090543.png

言語は7か国語に対応しており、もちろん日本語にも対応しています。


バイナンスのデメリット

メリットの部分で「日本語も対応している」と書きましたが、その日本語が少し不自然だったり日本語対応していないページがあります。

また、最初は使い慣れない画面に戸惑うということもあるかと思います。

しかし、ネットで調べればわかりやすく使い方を紹介した記事もたくさん出てきますし、一度慣れてしまえば特に難しいことをするわけでもないので心配はいりません。


以上、仮想通貨取引所バイナンスのメリット・デメリットのご紹介でした。


さいごに

ビットコインブログとは別に、株ブログも毎日更新しています。

急騰銘柄のご紹介など投資のアドバイスもしていますので是非ご覧ください。【初心者向け 株ブログ
ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply