ビットコインやリップル暴落、仮想通貨関連株が大幅安
ビットコイン、リップルの暴落

仮想通貨ビットコインは16日、一時25%下落しました。規制当局による取り締まり強化への懸念が広がり、今月の仮想通貨売りに拍車が掛かりました。

ブルームバーグ集計のデータによると、ビットコインはニューヨーク時間16日午後4時37分(日本時間17日午前6時37分)の時点で25%安の1万338ドルで、昨年12月前半以来の安値。前日まで2日続伸していましたが、反落しました。他の仮想通貨も大幅安となり、リップルは一時40%安です。

Coinmarketcap.comによれば、過去24時間の価格トップ100の暗号通貨のうち、価格が下落しなかったのはわずか1つに過ぎません。

丁度1ヶ月前の12月16日に、ビットコインが2万ドル近くを記録したときとは大違いです。
bitcoin-price.jpg
世界の投機家は規制当局による仮想通貨取り締まりの時期や方法の見極めに苦しんでいます。韓国では、仮想通貨取引所閉鎖は依然として選択肢だと金東兗企画財政相がTBSラジオとのインタビューで発言しました。ただ同相は、省庁間での真剣な議論がまず必要だとも述べました。

仮想通貨業界を昨年から標的にし始めている中国は、仮想通貨取引の取り締まりを強化し、取引所と類似のサービスを提供するオンラインプラットフォームと携帯アプリに特に照準を合わせていると、複数の関係者が述べました。


仮想通貨関連株 大幅安

仮想通貨の暴落を受け、このところの仮想通貨ブームで社運や株価が大きく上向いていた企業の株価が軒並み下落しました。この熱狂の実態を把握しようとする投資家の動きを映しています。

ThinkstockPhotos-518546769.jpg

急成長するブロックチェーン業界との関わりを大いにアピールしてきたライオット・ブロックチェーン、オーバーストック・ドット・コム、DPWホールディングスなどの株が値下がりしました。先週、仮想通貨「コダックコイン」立ち上げを発表した後に2倍余り上昇したイーストマン・コダック株は16日、一時13%安とやはり大幅下落しました。

さいごに

先日急落してしまったビットコインですが、皆さんは損をせずに済みましたか?

損をしてしまったという方、暴落を予想することが出来なかった方、プロにアドバイスを受けながら投資することができる投資顧問サービスを是非お試しください。

お申し込みはコチラから。【初心者向け投資顧問サービスBilloon Touch
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply