2018年はビットコインキャッシュ($BCH)がアツい!!!!
こんにちは、東京総合研究所です(^-^)/


2018年仮想通過は新たな局面を迎えましたがビットコインキャッシュ(BCH)が最近注目されはじめています。

そもそもビットコインキャッシュ(BCH)とは?

bitcoincash.png
出典: https://btcnews.jp/


ビットコイン(BTC)には馴染みがあるけれど、ビットコインキャッシュ(BCH)はあまりよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

ビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインから分岐(フォーク)して誕生しました。

ビットコインとは全く別の通貨ですが、ビットコインのソースコード(作り方のメモのようなもの)の公開により出来たレプリカのようなもので構造は非常に似ています。

ビットコインキャッシュ(BCH)誕生のわけ

そもそもビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ誕生したのかというと、ビットコイン(BTC)の抱える容量の不足を解消するためと言われます。

現在の仮想通貨界の基軸通貨は絶対的にビットコインです。

日本の取引所ではJPYで色々なコインを購入できますが、海外ではコインを買う際はビットコイン建てで購入するのがメジャーです。

つまり、海外では当然の帰結としてユーザーの全てのお金が一度ビットコインに集まることになります。

しかし、ビットコイン(BTC)は送金の問題が頻発しています。世界中の人たちが各取引所へビットコインを移動させようとするため渋滞が発生し、「送ったビットコインが届かない!」という事態(=送金詰まり)が起きてしまうのです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインの欠点を補おうとしているため、当然ながらビットコインキャッシュのほうが技術面では優れていると言えます。

1. 容量

ビットコイン(BTC)の容量が1MBなのに対して、ビットコインキャッシュ(BCH)の容量が8MBで、容量不足の問題を解消しました。

2. 決済システム

ビットコイン(BTC)は暗号通過であることに対しビットコインキャッシュ(BCH)は決済システムを見据えているという点でも優れています。

3. 送金速度

容量不足を解消したおかげでビットコイン(BTC)が一般的に100分以上なのに対して、ビットコインキャッシュ(BCH)が10分以内と言われています。

4. 送金コスト

一般的にビットコイン(BTC)が1500円、ビットコインキャッシュ(BCH)が200円と言われています。


将来性を感じさせること

1. ビットコインの上位互換的存在

技術的にビットコインキャッシュ(BCH)のほうが優れているならば納得できます。

2. アメリカ最大の取引所にビットコインキャッシュ(BCH)が上場

2018年1月、ユーザ数1000万人を誇る仮想通貨取引所Coinbaseにビットコインキャッシュ(BCH)が上場しました。

今までビットコイン、ライトコイン、イーサリアムの三種類しか扱ってこなかった取引所が認めた硬貨というのは信頼度が高い証拠ではないでしょうか。

3. Bitcoin.comが保有BTCをBCHに

ビットコインのウォレットサービスを展開するBitcoin.comのCEOであるロジャー・バー氏は「ビットコインキャッシュ(BCH)を正式なビットコインとして再構築する」と発言しました。

またビットコインキャッシュ(BCH)専用のデビットカードも発行されることから注目度の高さが伺えます。

4. AIの仮想通貨予想

AI予測プログラムのWebbotの予測ではビットコインキャッシュ(BCH)は二月に上昇を見せると予測を出しています。

このWebbotはマイクロソフトに勤めていた技術者によって出来た人工知能プログラムで、ままの的中結果を出しているようです。

実際に2018年1月に仮想通過ネオ(NEO)の高騰を見事予言しました。

まとめ

以上のようにビットコインキャッシュは大きな期待が持てるコインとなっています。

しかし、仮想通貨をはじめたいけど不安だなと感じる方もいるかと思います。

そこで、投資のプロを顧問につけて投資することを検討する人が現在どんどん増えてきています。

弊社が提供しているビリオンタッチというサービスでは、ビットコインキャッシュなどの仮想通貨だけでなく株式や先物OPの投資顧問も同時に付けており、大変便利でお得です。
この機会に是非お試しください。

詳しくはこちら。→ 初心者向け投資顧問サービスビリオンタッチ
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply