皆がパニックに陥っている中で冷静に物事を判断できるか?
Untitled-design-25-650x401.jpg

巨大な屋内会場で、何万人もの人を集めたロックコンサートを行っていたところ突然アクシデントが起こり、何らかの理由で会場セットが壊れて燃え始めた。みるみる間に火の手は広がり、会場には黒煙が充満し始めた――。

こんな場面を想像してみてください。何が起こるか、簡単に想像できるでしょう。いくつかある小さな出入口に人々が我先にと殺到し、阿鼻叫喚の様相を呈するに違いありません。もし、きちんと整列して順番に避難していたならば、起こらなかったような悲劇が起こる可能性も十分にあります。

このような状況下では、人の行動は極めて単純になります。他人のことなど全く考えずに、自分が被害に遭わぬようにすることを最も重視します。緊急時には、人は熟考などできないため、自己利益を最大化するための単純な行動をとりやすくなるのです。ノーベル経済学賞を受賞したカーネマンの言葉を借りれば、ファストシンキングの状態になってしまうのです。

物理学や心理学では、こういった緊急時行動のシミュレーションや実験研究が行われてきました。大抵の場合、皆が殺到するよりも、順番に避難したほうが、犠牲者の数は少なくて済むという結果になります。条件にもよりますが、冷静になって、人ができるだけ少ない出口を探し、そこで順番を待つのが最適解になることが多いのです。

それはつまり、「周りを見て、皆がいかないところに行く」戦略を取るべきということです。そのためには、「皆の取る行動を先読みする」必要があります。

さて、いま巷を騒がせているビットコインは、これと反対の原理が働いています。「皆が買うところを買う」、もっと正確に言えば「皆が買うだろうところを先んじて買う」ことで利益を得る。ただ、「皆の取る行動を先読みする」という点では緊急時行動と全く同じです。

一見すると株も同様に思えるかもしれません。しかし、株は、会社の業績等によってその会社に価値を見出した人も購入します。「皆が買っているから」という理由だけで、売買がなされるわけではありません。

したがって、株の投資に慣れているからといってそれを仮想通貨に100%応用できるかといったらそうではありません。ビットコインの現状を見ても、やはりプロにアドバイスをもらいながら投資をすることが成功への近道なのです。

弊社が提供しているビリオンタッチというサービスでは、ビットコインと併せて株式や先物のアドバイスも行っております。そのため、他の投資顧問会社と比べると税金対策に有利なのです。

どういうことかといいますと、例えば弊社は株式のヘッジを先物で行うとした場合、両市場の利益を合算し、純粋な資産増加額に対する20%を手数料として計算させていただきます。

現在の税制は、株式と先物は別々にカウントされるため、「株式+100万円、かつ、先物-50万円」の場合でも「株式+100万円」に税金がかかります。※弊社では、この税制の仕組みに合わせ、株式と先物の各々コースをご用意しております。

しかし、ビリオンタッチでの税制に関しましては、

成功報酬(手数料)=「株式+先物+ビットコイン」での純利益

として取り扱っているため、税金対策という点でも有利なコースなのです。詳しくはこちら、初心者向け投資顧問サービスビリオンタッチ をご覧ください。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply