コインを安く買える? ICOとは?
2018年仮想通過は新たな局面を迎えましたがICOが最近注目されはじめています。

① ICOとは

ICO-1-1.jpg


ICOとはInitial Coin Offering の略称です。
資金調達をしたい企業や事業プロジェクトが独自の仮想通貨を発行・販売し資金を調達する手段の事を指します。

② ICOの仕組み

ICOの大まかな流れはこのようになっております。
1. アナウンス →2.PR →3.コイン販売開始

まず第一に、ICOを行う企業は仮想通貨市場の投資家にコインを発行することを知らせます。ホワイトペーパーと言われる、コインの説明書を作り購入者にコインの魅力を伝えることが一般的になっています。(アナウンス)

ICOをする企業の多くは小規模で知名度の少ない会社が多いです。そのためICOを成功させるには企業のPR活動が重要になっています。専用サイトやtwitter・facebookなどのsnsでの宣伝が多く見受けられます。(PR)

その後、仮想通貨取引所で販売と言う流れに至ります。(コイン販売開始)


③ ICOの企業/購入者のメリット

1.企業のメリット

ICOを行う側である企業のメリットは迅速に資金調達ができるという点です。

資金を調達するには様々な方法がありますが、基本は誰か特定の人(企業・銀行等)に「資金調達のお願い」をしなくてはなりません。

それまでに実績がある大企業がお願いをすれば資金を調達できる可能性は大いに高まりますが、必ずしもそういう方ばかりが資金調達をしたい訳ではありません。

そこで、ICOを行うことで比較的容易に多くの方に広く募集することが可能になるのです。


2. 購入者のメリット

ICOに参加する側である投資家の主なメリットとして安くコインを購入できることが挙げられます。

ICOの先行販売(プレセール)では購入が早ければ早いほど安くそのコインを購入できるものが多いです。

また、ICOで得たコインを利用して開発されたサービスを利用する事もできます。

そのサービスを利用したいから応援の意味もあって投資する、というのもICOの一つの在り方です。


④ ICO実例


 ICOによって短期的に大規模な資金調達を成功させた例として、Brendan Eich(ブレンダン・アイク)氏が立ち上げたブラウザ開発会社「Brave」があります。

br.jpg


同社は2017年6月にICOを実施し、募集から30秒で時価3,500万ドルの価値があるコインの販売に成功しました。

同社は資金調達に見合う知名度と話題性を兼ね備えていましたが、ICOの最大のメリットである「迅速な資金調達」を見事に活用しました。

⑤ ICO詐欺に注意

グローバルな環境でシンプルに迅速に資金調達できるということは、大きな魅力です。

今後もますますICOが行われる機会は増えていくでしょう。

しかし、そこで注意したいことが最近増えてきたICO詐欺と言うものです。

ICOではサービス開発前に資金を集めるので実際に開発が行われない、実現可能な技術が元々無い、はなから開発する気が無い、といったICOも存在します。

資金を集めるだけ集めて逃げてしまうICO実施者も存在するので参加する際にはかなりの注意が必要です。更に、ICOに対する法整備が進んでいないことから、投資家が「法的に守られない」という問題も残されています。

confido.png
1511443866_confido-696x226.png


ICO詐欺が行われた主な例として2017年の11月12日Confido社による事件があります。Confidoはネットを通じて運営資金を集めるために、2017年11月6日から8日にかけて出資を募るキャンペーンを実施。

しかしその直後の11月12日(日)、Confidoは同社のTwitterアカウントを削除し、さらにはウェブサイトをも閉鎖。

そして、「法的な問題が生じたために事業を継続できなくなった」という状況をRedditのサブフォーラムに短いコメントで投稿しています。

仮想通貨市場の参加者から資金だけを受け取り雲隠れしてしまった非常に悪質なケースです。

⑥ まとめ

リスクはあるが非常に画期的なシステムであり、企業および購入者の双方に利点があり今後ICOが増えていくことが見込まれます。

しかし独力で投資を始めるのは不安だなと感じる方もいるかと思います。

そこで、投資のプロを顧問につけて投資することを検討する人が現在どんどん増えてきています。

弊社が提供しているビリオンタッチというサービスでは、ビットコインと同時に株式や先物のアドバイスも受けることができ大変便利でお得です。

この機会に是非お試しください。

詳しくはこちら。→ 初心者向け投資顧問サービスビリオンタッチ
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply