使いやすいアプリはどれ?


ビットコインなどの仮想通貨を取引できる取引所は国内外に数多く存在しますが、それぞれ購入できるコインや手数料、取引の形態が大きく違います。

そこで本記事では、それぞれのアプリのメリット・デメリットを比較し、最も使いやすいアプリはどれなのかを検証していきます。

また、弊社ではLINE@を始めました!
株式・先物から仮想通貨までの幅広い分野に適用し、最新情報と儲ける方法をご提供します。
ご登録はこちら。IDは@pij8636m です。
友だち追加



Coincheck


コインチェック



※1月26日の仮想通貨「NEM」の不正流出事件以来、取引は停止されておりますのでご注意下さい。

なお、現在の主なサービス提供状況は以下の通りです。
(coincheck公式ホームページ 2月16日付の記事より)
▼提供中
・日本円の入金
・日本円の出金 ・BTC売買
▼一時停止中
・仮想通貨の送金(入金・出金)
・BTC以外の仮想通貨の売買
・クレジットカードによる仮想通貨の購入
・ペイジー、コンビニによる日本円の入金
・各キャンペーン
・Coincheck paymentに係る日本円出金、及び新規支払いの受付
・Coincheckでんきに係る12月分以降の電気代に関する、ビットコイン決済、ビットコイン付与機能
・アフィリエイトプログラムに係る報酬の承認(停止以前に発生した報酬は付与済み)




coincheckは「日本一簡単にビットコインが買える取引所」というキャッチフレーズが通り、PC版でもスマホ版でも圧倒的に使いやすく、初心者でも安心して利用できます。

【メリット】
・取り扱い銘柄が国内取引所で一番多い(13種類)
・画面が見やすく、アプリが使いやすい
・ポートフォリオが一目で分かる
・貸仮想通貨サービスがある

【デメリット】
・アルトコイン購入時の手数料が高い
・仮想通貨の積立ができない
・セキュリティに難あり
・クレジット決済の手数料あり

coincheckは、「アプリでも簡単にビットコイン取引がしたい人」や、「ビットコイン以外の銘柄も取引したい人」「いつでも自由に取引をしたい人」におすすめです。
取引所アプリでポートフォリオを見たいという方にはcoincheckがいいでしょう。


bitFlyer


ビット


bitflyerは世界最大の取引所です。取り扱っている仮想通貨はビットコインとイーサリアムのみですが、一番信用度の高い取引所といえます。

bitflyerアプリの特徴としては、「ビットコインウォレット機能」が付いていることが挙げられます。
ビックカメラなどの実店舗でビットコイン決済ができる他、楽天やZOZOのポイント還元をビットコインで受け取ることもできます。FacebookやLINEでもビットコインを送金/受取できるところも魅力です。ビットコイン取引所で買ったり増やしたりしたコインをそのままウォレットに反映してくれるので、ビットコインを移動させる手間が省けてとても便利です。

ただ、販売所での売買は割高なので、取引所を利用して購入するのがいいでしょう。
しかし、ビットフライヤーではアルトコイン(イーサリアムクラシック、ライトコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュ)は、販売所でしか購入できません。Zaifやビットバンクなど、アルトコインを板取引(取引所売買)できる取引所もうまく併用して使うといいでしょう。

【メリット】
・アプリが見やすく、初心者でも簡単に取引ができる
・資本金が高く、補償制度を導入している
・安心のセキュリティ
・実店舗でビットコイン決済ができる
・FX取引可能のため短期的ハイリターンを狙える

【デメリット】
・アルトコインの売買時の手数料は高い
・取り扱いアルトコインは多くない(5種類)

bitflyerは世界最大のビットコイン取引所なので、やはり「とにかく安心して取引がしたい人」におすすめです。


Zaif


ザイフ


Zaifの特徴は、とにかく手数料が安いことです。ビットコインとモナーコインの現物取引にかかる手数料はなんとマイナス0.01%。つまり、この2つの通貨であれば、売買すると手数料どころかボーナスがもらえるというイメージです。

さらにこのアプリではトークンのやり取りも出来るため、中級者以上の方にもおすすめです。送受信履歴の確認が出来るのもうれしい機能です。

余談ですが、Zaifはまだまだ価格が安く、将来性が見込めるトークンがたくさんあるので、興味がある人は口座開設しておいた方がいいでしょう。

【メリット】
・取引手数料がマイナス0.01%
・トークン管理ができる
・4種類のアルトコインと、10種以上のオリジナルトークンを取引できる
・積立投資ができる
・レバレッジ最大25倍かつ追証なし

【デメリット】
・アプリやウェブの使い勝手が良くない
・サーバーが重く、時々アクセス障害がある
・大きなレバレッジが効かない
・アルトコインが少ない

Zaifは取引手数料がマイナスなので、「頻繁に売買する人」におすすめです。取引すればするほどお金が増えますからね。


GMOコイン


GMO.png


スマホでビットコインFXをするならGMOコインがおすすめです。FXの取引高世界一位というだけあり、とても見やすくて、使いやすい使用になっています。数量を決めるだけで良いので初心者でも気軽に、本格的に取引ができます。

【メリット】
・ハイレバレッジによる大きなリターン(最大5倍)
・サーバの安定
・スマホ良対応
・売買手数料、日本円出金手数料、仮想通貨送金手数料が無料
・最短翌日から取引可能

【デメリット】
・現物、アルトコインのスプレッド手数料が高い
・相場の荒れに乗じてスプレッド手数料が割増
・アルトコインの種類が少ない
・指定金額での購入不可
・日本円での取引のみ可能

他の販売所の中では売買や送金の手数料が安いので、「手数料の出費をなるべく抑えたい方」「仮想通貨初心者の方」におすすめです。


Binance


バイナンス


Binanceは2017年7月にできたばっかりの海外取引所ですが、既にユーザーが600万人を超え、世界有数の大きな取引所となっています。

このアプリでは約100種類の仮想通貨の取引ができるので、マイナーコインを買いたい人にはおすすめです。

さらに取引手数料が一律0.1%と安く、「BNBトークン」というBinanceが発行している通貨でアルトコインを購入した場合は、なんと手数料が半額の0.05%になります。

ただし、日本円での直接購入ができないため、取引時にはまず国内取引所でビットコインかイーサリアムを購入し、それをBinanceの自分のウォレットに送る必要があるので、多少面倒です。しかし、仮想通貨の購入に関してはとっても簡単なので、すぐ使いこなせるようになります。

【メリット】
・約100種類の仮想通貨が購入できる
・手数料が0.05%で安い
・サイトの画面が分かりやすく、取引しやすい(取引量が多いので、すぐ約定する)
・中華系の仮想通貨に適している

【デメリット】
・日本円で直接購入ができない
・日本語対応不可
・出金制限あり

Binanceは、「国内取引所には無いマイナーコインを買いたい人」や、「BNBトークンを保有したい人」におすすめです。


コイン相場(COINMARKET)

コイン相場

このアプリは取引所のアプリではありませんが、コイン相場はこれ一つで「Zaif」、「bitflyer」、「coincheck」の取引ができます。

さらに、それぞれの取引所での取引価格がいくらなのかを一目で比較できる優れもので、画面も見やすく使いやすいです。

また、マーケット情報や最新ニュース、ICOの情報なども見れることが出来ます。

コイン相場で取引をする場合は各取引所との連携を行う必要がありますが、連携さえすれば、わざわざ取引所のアプリを開かなくても取引をおこなうことまで出来ます。

【メリット】
・各取引所の価格が一目で比較できる
・取引をすることまで出来る
・ニュースやその他の情報を確認することが出来る

【デメリット】
・特になし

メリットばかりのコイン相場。このアプリは「仮想通貨ユーザー全員」におすすめです。


まとめ



hyou



以上のように、最も使いやすいアプリは「コイン相場(COINMARKET)」という結果になりました。

どのアプリを使用しようか迷っている方は是非参考にしてください。






また、弊社ではLINE@を開設しました!
ここでは投資における最新情報、儲ける方法について配信しています。
もちろん、仮想通貨のみならず、株式・先物にも対応しています。
是非ご活用ください。IDは@pij8636m です。
友だち追加
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply