オーストラリア、1200ヵ所以上のストアでビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)が購入可能に
fc2blog_201803071118562fa.jpg

3月1日、オーストラリアの報道機関「9Finance」は、オーストラリアの仮想通貨取引所Bitcoin.com.auがオーストラリアにある1,200ヵ所以上のニューススタンド(コンビニのようなお店)で、法定通貨によるビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の購入を可能にすると報じました。

約18カ月営業を続けているBitcoin.com.auは「オーストラリアにおける最初のビットコイン(BTC)取引ネットワークの1つ」を自称しています。3月1日、同取引所はイーサリアム(ETH)の購入サービスの提供を開始した。これまで同社のサイトではビットコイン(BTC)取引のみを提供していました。

Bitcoin.com.auでCEOを務めるRupert Hackett氏は、慣れ親しんだ小売り店でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を購入できるようにすることは、仮想通貨に対して人々にもっと安心してもらうための方法だと考えており、下記のようにも述べています。

「皆さんがビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)をソフトドリンクや文房具を買うのと同じ場所で購入できるようになるという事実は、仮想通貨がそれだけ精度化されたということだ。これは、複雑そうだという理由でビットコイン(BTC)の購入をためらっていた人にとっては、デジタル通貨への投資に対する恐怖を取り除く完璧な仕組みである。」

加盟するオーストラリアのニューススタンドで仮想通貨を購入するためには、消費者は仮想通貨ウォレットを取得する必要があります。購入時にはニューススタンドのiPad miniでウォレットのQRコードをスキャンします。この取引には、50AUD(約39USD)に相当するビットコイン(BTC)またはイーサリアム(ETH)という最小購入額が設定されています。

Hackett氏は9Financeに対して、顧客は平均20分で仮想通貨を受け取れるようになると考えていると述べました。

Bitcoin.com.auは通常5%の取引手数料を課していますが、初日の3月1日には特別プロモーションとして手数料は無料です。3月1日は偶然にも同取引所がイーサリアム取引に業務を拡大する日でもあります。

オーストラリアは以前より、暗号通貨とその技術を従来の金融および小売り業界に導入する取り組みを行っています。

2017年12月には、オーストラリア証券取引所(ASX)がイクイティ取引にブロックチェーン技術を利用すると発表しています。この1月の終わりには、ブリスベン国際空港が、空港のターミナル全体で暗号通貨を利用可能にし、ターミナル内の全ての関連店舗でビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、そしてダッシュ(Dash)を受け入れるための取り組みを開始したと述べました。

参考:https://cointelegraph.com/news/australians-can-now-purchase-btc-eth-across-1200-newsstands-in-win-for-adoption


さて、オーストラリアでこのような取り組みが始まったということは、近い将来日本でも同じようなサービスが開始される可能性が高いといえます。

そうなればビットコインの需要が増え価格も上昇しますから、最高値から約60%安となっている今が買い時なのです。

弊社が提供しているビリオンタッチというサービスでは、どのタイミングでどのコインや銘柄を売買すればよいかをリアルタイムでお知らせしております。

我々はお金を一切預からず、指示をするのみです。お客さまが自分の口座で、自分自身で取引をするので余分なお金を会社に支払う必要がなく、安心感があります。

さらに、追加料金なしで仮想通貨だけでなく株や先物の投資顧問もつけることができます。

少しでも興味があれば、早いうちに始めることをお勧めします。お申込みはコチラから。【初心者向け投資顧問サービスビリオンタッチ


本日もご愛読ありがとうございました。
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments 0

Leave a reply