スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ビックカメラが「ビットコインを導入した理由
近ごろ、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」で商品の代金を支払える店舗やWeb通販サイトがジワジワと増えてきています。

その中でも、ビックカメラは対応店舗数で群を抜いています。2017年4月に有楽町店(東京都千代田区)と新宿東口店(東京都新宿区)に試験導入後、同7月には全店舗に展開。同12月にはWeb通販「ビックカメラ.com」でも使えるようにすると同時に、実店舗での決済限度額を「10万円」から「30万円」に引き上げました。

そもそも、同社はなぜビットコイン決済を導入したのでしょうか。また、同社の店舗でビットコイン決済をする買い物客に、特筆すべき特徴はあるのでしょうか。同社の広報担当者にお話を伺いました。

shopimg.jpg
ビットコインを最初に導入した店舗の1つ、ビックカメラ新宿東口店。


決済手段を多くすることで利便性を向上させる

―― まず、ビックカメラがビットコイン決済を導入したいきさつを教えてください。

広報担当 お客さまの利便性を向上させる一環として、私たちは店頭での支払い方法を充実させてきました。

例えば「Suica電子マネー」は業界に先駆けて(2005年1月から)導入を始めましたし、「iD」「QUICPay」「楽天Edy」「WAON」「nanaco」といった他の電子マネーも使えるようにしています。もちろん、クレジットカードやデビットカードも使えます。ここまでたくさんの支払い方法を用意している家電販売店は、他にはないと思います。


ビットコイン導入のきっかけ

広報担当 ビットコインについては、弊社が導入する前は小規模な店舗や一部のWebショップでのみ扱っている状況でした。

ですが、「新しいもの好き」のお客さまから「ビットコインを店舗に導入しないの?」「ビットコインで支払えないの?」という問い合わせを多くいただくようになりました。

―― そんな問い合わせをする人がいるのですか。

広報担当
 そうなんです。

2017年4月に「改正資金決済法」が施行され、仮想通貨を取り扱う「仮想通貨交換業」が登録制になりました。法整備が進む兆しが見えてきた中、(仮想通貨交換業を営む)ビットフライヤー(bitFlyer)から(ビットコイン決済について)お話をいただいたこともあり、ビットコイン決済の導入を検討することになりました。

ただ、前例のないことで、いきなり全店舗に導入したらどうなるか分かりません。(2017年4月)当時、「どういう人が使うのだろうか?」と考えると、中国のビットコイン保有量が多かったことから、まずは「(中国人を中心とする)免税のお客さま」が使うだろうと仮定しました。

そこで、全店の中でも免税客が特に多い有楽町店と新宿東口店に試験導入することにしたのです。

si7101-BicBit-03.jpg
試験導入時のニュースリリース(PDF形式)。有楽町店と新宿東口店を試験導入の舞台に選んだのは、主に中国人の免税客を狙ったため


試験導入をしたら「予想外」の事態?

―― 試験導入後、想定通りに利用されたのでしょうか。

広報担当 いや、そうでもありません。

当初、ビットコイン決済は免税客中心で、日本人は多くても半分ぐらいの比率だろうと想定していました。しかし、実際はビットコイン決済を利用するお客さまの大半が日本人となりました。

理由はいろいろ想定できます。

1つは訪日客が「日本円」をしっかり用意していることです。私たちが海外旅行に行く際に、現地の通貨を用意して行こうと考えるのと同じことです。

そもそも、訪日客は日本でビットコイン決済が使える(店がある)と思っていません。たまたまビットコインの残高があって、たまたまビックカメラで買い物をして、たまたまレジで「Bitcoin」の文字を見かけて使えることを知って、「じゃあ使ってみよう」ということにはなっても、「ビットコインを用意したから使わせて!」というのはちょっと難しかったのかもしれません。

あとは、4月7日の試験導入時に多くの国内メディアに取り上げていただいたこともあると思います。ニュースを見た人が「ちょっと試しに使ってみようかな」と来店されたのだと思います。

当時、ビットコインの相場はどんどん上がっていました。そのことと、簡単に使えることが相まって、リピーター的にビットコイン決済を利用するお客さまが増えていったのです。

この結果を踏まえ、「免税客比率の高くない店舗でもビットコイン決済のニーズがあるのでは?」と考え、7月にビットコインの導入店舗を数回に分けて追加し、同月末までに全店で使えるようにしました。

si7101-BicBit-04.jpg
ビットコイン利用客は、スマートフォンのウォレットアプリでQRコードを読み取って決済する


グループ店舗でも一部導入

―― 今は(子会社の)ソフマップやコジマにもビットコイン決済を導入していますよね。

広報担当 ソフマップは5店舗、コジマは7店舗で導入しています。前者は全て東京・秋葉原にある店舗で、後者は(栃木県の)宇都宮本店と都内3店舗、神奈川県1店舗と沖縄県2店舗という内訳です。

―― ということは、沖縄県内のコジマは導入率100%ということになりますね(筆者注:沖縄県内のコジマは那覇市と北中城村に各1店舗ずつの計2店舗)。何か理由があるのですか。

広報担当 問い合わせが多かったからです。導入店舗を拡大すると決めた際に、真っ先に反応したのも沖縄の2店舗でした。

―― 沖縄にはビットコインの保有者が多いのでしょうか。

広報担当 そこまでの分析はできていませんが、全国で(ビットコイン決済に対する)潜在需要があることの現れだと思います。

―― ソフマップとコジマの全店舗展開は予定していないのですか。

広報担当 現在はありません。大規模店と、お客さまの要望が特に多い店舗に導入して様子を様子を見ているところです。

当社(ビックカメラ)に話を戻すと、全店舗導入が完了した後、12月に店舗での決済限度額を10万円から30万円に引き上げて、ビックカメラ.com(Web通販)でも10万円までビットコイン決済を使えるようにしました。


客単価は全決済平均の「2~3倍」

―― ところで、ビットコイン決済を利用する人は、他の決済方法を利用する人と比べて決済金額や購入商品に特筆すべき傾向の違いはあるのでしょうか。

広報担当 商品については「ビットコインだからコレを買う」といった傾向は見られません。ただ、決済単価については高くなる傾向にあります。

具体的な金額は言えませんが、全決済方法の平均額とビットコイン決済単体の平均額を比較すると、後者の方が2~3倍ほどになっています。

―― それはすごい。店頭での決済限度額を引き上げたのは、それが理由ですか。

広報担当 それもあります。

2017年7月に全店導入したタイミングから(限度額引き上げ直前の)同11月までの間で集計すると、限度額(10万円)いっぱいに決済した件数が3倍ほどになりました。10万円を超えるお買い物(の代金の一部)にビットコイン決済を使ったということです。

そこで「決済限度額を上げよう」ということで、12月から従来の3倍となる30万円に設定しました。

―― これ以上決済限度額を上げる予定はありますか。

広報担当 今のところありません。

 「新生活に向けて、家電を一気に買う」といったまとめ買いなら話は別ですが、単品ベースで考えると、取扱商品で30万円を超える商品はそれほど多くありません。有機ELテレビや洗濯機、冷蔵庫は新製品だと30万円を超える商品もありますが、薄型テレビ、洗濯機、冷蔵庫の平均単価は30万円未満です。

30万円もあれば(ビックカメラで取り扱う)大半の商品が買えますから、この金額でしばらく様子を見たいと思っています。

―― ビットコイン決済で購入できない商品はあるのでしょうか。

広報担当 換金性の高いものは購入できません。具体的には、そのため、POSAカードや商品券・ギフトカードの購入には使えません。

※POSAカード:レジで代金を支払うと有効化されるプリペイドカード


si7101-BicBit-06.jpg
店員が操作する画面。決済金額を入力してから「お支払い」をタップすると、先に出てきたQRコード画面が出てくる


ビックカメラは「リスクを負わない」構造

―― ビットコイン決済を導入するに当たって、追加の投資はありましたか。

広報担当 ほとんどしていません。

というのも、弊社では中国人旅行客を想定して「WeChat Pay(微信支付)」や「Alipay(支付宝)」を導入済みです。ビットコイン決済ではWeChat Pay用に備え付けた端末(iPod touch)をそのまま利用しているので、新規に端末を購入することはありません。

レジでのオペレーションも基本的にこれらの支払い方法と同一です。店員への教育は30分ほどで完了します。

―― ビットコインは相場が良く動きます。ビットコインの支払い額はいつ確定するのですか。

広報担当 お客さまが読み取るQRコードを発行した際のレートを適用します。

―― ということは、決済完了後にレートが変わってしまった場合のリスクはビックカメラが負うのでしょうか。

広報担当
 いえ、そうではありません。

弊社のビットコイン決済は、ビットフライヤーのシステムを使っています。弊社は毎日ビットコインの決済額を集計し、翌日までにビットフライヤーに送信します。ビットフライヤーは決済日のレートに従って決済額を日本円に変換し、手数料を引いた金額を弊社に振り込みます。

弊社はビットコインを全く保有していないので、価格変動リスクにさらされることはありません。

―― 決済システムを提供するビットフライヤーが、価格変動リスクを負うということですか。

広報担当 そういうことになります。


まとめ

ビックカメラにおけるビットコイン決済は、我々の想像以上に使われているようです。

今後はビックカメラ以外の大規模導入もどんどん増えることが予想されます。

それと同時に、今投資のプロを顧問につけて投資する人が現在どんどん増えているんです。

弊社が提供しているビリオンタッチというサービスでは、仮想通貨と平行して株式や先物のアドバイスも受けることができ大変便利でお得です。

この機会に是非お試しください。

詳しくはこちら。→ 初心者向け投資顧問サービスビリオンタッチ

また、弊社ではLINE@を始めました!
株式・先物から仮想通貨までの幅広い分野に適用し、最新情報と儲ける方法をご提供します。
ご登録はこちら。IDは@billiontouch です。

友だち追加
関連記事

ブログランキング・にほんブログ村へ

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。